FC2ブログ
障害のある人も、ない人も、「生きがい」を持って生活できる地域を目指して日々活動しています。 障害があっても社会貢献できることを、発信するブログです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
京丸園 企業見学 
2012-02-29 (水) | 編集 |
去る2月23日、パワーアップ事業部主催で京丸園株式会社の施設見学に行ってきました。
今日はその報告と、京丸園の取り組みについてご紹介いたします。

京丸園株式会社は、浜松市南区にあります。
創業は2004年。「笑顔創造」を経営理念に掲げ、オリジナル水耕プラントによって
栽培された野菜(京丸姫ねぎ・京丸姫みつば・京丸姫チンゲンサイ)を全国40市場に
出荷しています。現在従業員は67名。うち、障害者は17名です。

私たちが到着すると、鈴木社長自らが水耕栽培の現場に案内してくださり、
障害者の受け入れの経緯や現在までの取り組みなどを、
ユーモアを交えながらわかりやすく説明して下さいました。

水耕栽培の現場は清潔が保たれており、働いている障害者の皆さんは皆、
集中して、生き生きと作業なさっていました。
「障害者が自立して作業できるために」という思いから、板橋工機株式会社の協力を得て開発した「姫ねぎスポンジ分離装置」は、作業する台の高さを調節することができ、立ったり座ったりして作業しながら、リハビリまでできてしまうという、素晴らしいものでした。作業台が上下するときにかかる音楽は、社長自ら選曲なさったという「ロッキーのテーマ」や「宇宙戦艦大和」!そんなところにも、作業する人にやる気を起こさせる、社長の粋な計らいを感じました。
また、害虫を取り除く掃除機「虫トレーラー」も開発なさったそうで、その機械を使って作業する姿は、実に堂々たるものでした。
DSCF5050_convert_20120910095204.jpg


鈴木社長からいろいろとお話を伺う中で印象的だったのは、
「障害者を雇用したいのではなく、障害者を雇用することで農業を変えたい」と熱く語っておられたことです。障害者を雇用し、彼らの視点に立って作業や環境の見直しを行うことで、
従来の農業に、より良い変化をもたらした先進的な事例で、今後の農業の大きな可能性を感じました。見学を受け入れてくださった鈴木社長に感謝です!

追記:この日のランチは、京丸園にほど近いレストラン「欧風料理 ひらまつ亭」。
京丸園の野菜(京丸姫ねぎ・京丸姫みつば・京丸姫チンゲンサイ)を使ったランチプレートが、
彩りも鮮やかでとっても美味しかったです!
DSCF5048_convert_20120910095232.jpg


スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: