FC2ブログ
障害のある人も、ない人も、「生きがい」を持って生活できる地域を目指して日々活動しています。 障害があっても社会貢献できることを、発信するブログです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
「ふじ山キャンドル」 大好評!!
2013-06-21 (金) | 編集 |
本日は、今、大注目の授産製品「ふじ山キャンドル」についてご紹介いたします。

この製品は、富士市中之郷にある、就労継続支援(B型)事業所「ふじばら作業所」で
作られています。
就労継続支援(B型)事業所とは、一般企業での就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、
知識及び能力の向上のために必要な訓練を行っている施設です。

ふじばら作業所に通う利用者は、職員とともに、
溶かしたロウを着色し、成形して袋詰めするまでの全工程に携わっています。
すべて手作業ですので、一つ一つの製品に心がこもっています。

キャンドルは底面が直径8㎝の円錐台で、重さは120g。
市役所2階の無人販売コーナー「あいあい」やフィランセの他、
パッケージプラザ富士店・吉原店、かつ政富士岡店・原店で販売しております。
値段は250円。連続の燃焼時間は16時間です。ロウソクの炎は、癒し効果抜群です。

このキャンドルを作成するにあたり、ふじばら作業所では、
富士市内のさまざまな企業や個人から、使用済みのロウソクを
ご提供いただいております。
ありがたいことに、これらの善意で寄せられたロウソクで作成した「ふじ山キャンドル」は、
富士山が世界文化遺産に登録されたことで、ますますご好評をいただき、
たくさんのご注文をいただいております。

もし、このブログをご覧になった方で、ロウソクをご提供いただける方がいらっしゃいましたら、
ふじばら作業所(0545-81-1144)までご連絡いただけたら幸いです。
よろしくお願い致します。

<ふじ山キャンドル 製作の様子>
IMG_0213_convert_20130621141438.jpg


スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: