FC2ブログ
障害のある人も、ない人も、「生きがい」を持って生活できる地域を目指して日々活動しています。 障害があっても社会貢献できることを、発信するブログです。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
新年度スタート!
2012-04-24 (火) | 編集 |
新年度始まりました。
新しい環境で新生活をスタートさせた人も多いのではないでしょうか。
パワーアップ事業部も新しい代表を迎え、気持ちも新たにスタートをきりました。
今後も今まで同様、障害のある方たちの社会的自立を目指して活動していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年度最初のブログ更新ですが、
パワーアップ事業部が作業委託している「きぼうの里」についてご紹介します。

きぼうの里は、大渕の林に囲まれた静かな環境の中にあります。
ここには、18歳以上の知的障害のある方が通所または入所しています。

パワーアップ事業部は、ここに入所されている方(女性4名ほど)に、
縫製品の作業委託をしています。
今日はその製品のひとつである「ぶさかわ犬」の製作風景をご紹介いたします。
DSCF5075_convert_20120424101422.jpg

このぬいぐるみは、軍手からできています。指の部分を切ったり縫い付けたりして、
かわいい犬が出来上がります。
商品名は「ブサイクだけどかわいい」という意味で「ぶさかわ犬」と命名。
ふわふわした手触りが特徴です。

作業工程が何工程もあるので、一人で一体を仕上げるのではなく、
切ることが得意な人は切る担当、縫うのが得意な人は縫い付け担当・・・等と、
役割分担して一つの製品を仕上げています。

この作業の良いところは、楽しみながらできること。
作業してくださっている皆さんが、「目の部分をボタンでやってみよう。」
「切り落とした部分でポシェットを作ったらかわいいかも!」
「スカートをはかせたらどうかしら?」などと、アイデアを出し合いながら
心をこめて作ってくれています。
一匹一匹表情が違うところが、手作りならではの味わい深さです。

「ぶさかわ犬」は一匹500円。
富士市役所二階の無人販売コーナー「あいあい」・パッケージプラザ富士店・吉原店、
かつ政富士岡店・原店、・富士川楽座でお買い求めいただけます。
かわいいワンちゃんに癒されますよ!
DSCF5077_convert_20120424100452.jpg
スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: