FC2ブログ
障害のある人も、ない人も、「生きがい」を持って生活できる地域を目指して日々活動しています。 障害があっても社会貢献できることを、発信するブログです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
夏の交通安全啓発活動 ㏌ 富士川SA ~NEXCO中日本 富士保全・サービスセンター様
2018-07-25 (水) | 編集 |
7月13日、東名高速道上り線 富士川サービスエリアにて、夏の交通安全運動の街頭キャンペーンが行われました。
P1010822_convert_20180725152136.jpg

このたびのキャンペーンでは、高速道路での安全運転を呼び掛ける際の啓発品として、富士市内の就労継続B型事業所 ふじばら作業所の「ワックス飾りKAORU」が採用されました。ふじばら作業所の利用者さん3名、職員1名が、NEXCO中日本、高速道路交通安全協議会、県警高速隊の皆さんとともに直接ドライバーさんに配布し『渋滞後尾ではハザード点灯を!』と呼びかけました。
P1010826_convert_20180725152212.jpg

キャンペーンには、NEXCO中日本オリジナルキャラクター「みちまるくん」と、富士市の食育キャラクター「むすびん」も参加しました!とても暑い日でしたが、多くのドライバーさんに啓発品をお渡しすることができました。

P1010828_convert_20180725152257.jpg

P1010825_convert_20180725152233_LI_(2)_convert_20180725153837.jpg

障害者の就労支援施設がこのキャンペーンに参加するのは今回で9回目となります。
NEXCO中日本 富士保全・サービスセンター様には、心から感謝申し上げます。

夏休みに入ると高速道路を使用する機会が増えると思います。安全運転を徹底し、楽しい夏を過ごしましょう!
繝上じ繝シ繝臥せ轣ッ_convert_20180725152315

豁サ莠。莠区腐螟夂匱_convert_20180725152341

スポンサーサイト

ハートフルふじのくにアート&手作りフェア ~予想を上回る来場者に感激!
2018-07-02 (月) | 編集 |
6月7日~12日、松坂屋富士ギフトショップで「ハートフルふじのくにアート&手作りフェア」が開催されました。

この企画には、松坂屋富士ギフトショップ ショップ長 大和田様、まめひろ 原賀様、f-Bizプロジェクトマネージャー浅井様、富士市障害者就労機能パワーアップ事業がかかわっています。
「福祉施設で働く利用者の方々が作っている授産製品を多くの市民の方々に知ってもらい、障害者の取り組みに関心をもっていただきたい」という4者の想いが一致し、実現した企画です。

 授産製品の販売に参加したのは、富士市内にある就労継続支援B型事業所9施設。販売した品数は50点にのぼりました。
2階催事場では富士市知的障害児(者)カルチャー講座を受講している皆さんの作品(絵画、アメリカンフラワー)や富士特別支援学校の取り組みを紹介するパネル、生徒さんの作品を展示しました。
譚セ蝮ょア具シ狙convert_20180702113149

譚セ蝮ょア具シ胆convert_20180702113225

  土、日にはワークショップも開催しました。
スマイルベリーファーム施設長 豊田さん、アメリカンフラワー講師 加藤先生、西村先生、ご指導ありがとうございました。

●スマイルベリーファームによるハーブティー作り体験
譚セ蝮ょア具シ点convert_20180702113257


●カルチャー講座講師 加藤先生によるアメリカンフラワー製作体験
譚セ蝮ょア具シ農convert_20180702113333

譚セ蝮ょア具シ廟convert_20180702113359

譚セ蝮ょア具シ棒convert_20180702113630

ご来場くださったお客様には、来場プレゼントを進呈。授産製品8種類の中からお気に入りの品を自由に選んでいただきました。
譚セ蝮ょア具シ誉convert_20180702113559

このたびの企画では、百貨店で品物を売るということを通して、「魅力的な商品、パッケージはどんなものか」「お客様に安心してお買い求めいただくにはどうしたらいいか」など、いろいろなことを学ぶことができました。また、商品をご購入下さるお客様と直接お話しすることができ、率直なご意見も伺うことができました。この経験を今後の授産製品の品質向上につなげていきたいと思います。

施設で働く障害のある人たちは、働くことを通して成長します。
多くの人に満足していただける製品やサービスが提供できた時、社会に認められたと感じます。
それは健常者も障害者にも共通の「働く喜び」ではないでしょうか。
良い製品を作ろうと努力した結果、その製品が売れれば収入にもつながります。それが就労を継続していく上での励みになっていくといいなと思います。
フェアに足を運んでいただいた皆様、ご協力してくださった皆様、すべての人に感謝申し上げます。ありがとうございました。