FC2ブログ
障害のある人も、ない人も、「生きがい」を持って生活できる地域を目指して日々活動しています。 障害があっても社会貢献できることを、発信するブログです。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


吉原商店街 「一の市」参加  ~YO-RABOにて
2012-12-06 (木) | 編集 |
早いもので、もう師走となりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

さて、先日12月1日、パワーアップ事業部は富士市吉原商店街の「一の市」に参加し、
障害者就労支援施設(竹の子・市民ふれあいバンク・ふじばら作業所・あゆみ・きぼうの里・ふじひろみ)の授産製品の対面販売を行いました。
 「一の市」とは、毎月1日(元旦を除く)吉原商店街のお店が中心となり、自慢の一品やこだわりの一品を特製ワゴンにて販売するもので、各企業・まちの駅・フリーマーケットなど振興組合以外からも出店があり、「宿場町・吉原宿」の雰囲気を味わいながらお買い物を楽しめる催しとなっています。

 吉原商店街の中には、私どもがお世話になっている「YO-RABO」というお店があります。
このお店は、NPO法人 東海道吉原宿が運営しているお店で、富士地区の障がい者就労支援施設で作られた手作り品を集めて販売してくださっています。
「YO-LABO」という名前は、吉原の「YO」と、laboratory(実験室)の「LABO」を合わせていて、コラボレーション(共同作業)を意味する「コラボ」ともかかっているそうです。
 
 今回の販売では、「きぼうの里」の職員の方々や、「ふじひろみ」の利用者の方と職員の方のご協力をいただきました。
「きぼうの里」は、不要になったカーテンや着物を利用して作ったエコバック等の袋物を中心に販売していただき、「ふじひろみ」は、丁寧に作られたすてきなドライフラワーのリースや、毛糸で作った優しい肌触りが魅力のリース、お子様に大人気の毛糸のくだものストラップを販売していただきました。利用者さんも元気に接客してくださって、売り場が活気であふれました。

 「一の市」に限らず、「YO-RABO」は平日不定期で営業しておりますので(日曜定休)、
近くをお通りの際は、お店を覗いてみてくださいね!
とても多趣味な、店長の「すーさん」に会えるかもしれませんよ!




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。